在外選挙人名簿登録のおすすめ及び選挙権年齢の引き下げ

1 在外選挙人名簿登録  

本年夏に参議院議員選挙が実施されます(選挙日程未定)。海外にお住まいの選挙権を有する日本国民は,在外選挙制度により海外でも日本の国政選挙に投票することができます(ただし,日本国内に住民登録が残っている方は,国内の選挙人名簿に登録されているため,在外選挙人名簿に登録されず,海外で投票することはできません。)が,そのためには,事前にお住まいの場所を管轄する在外公館で「在外選挙人名簿登録申請」を行い,「在外選挙人証」を取得する必要があります(投票手続の際,在外選挙人証の提示が必要。)。ただし,申請から在外選挙人証が交付されるまでには,通常2か月程度を要するため,現時点で有効な在外選挙人証をお持ちでない方は,今夏の参議院議員選挙で在外選挙人として投票するためには,逆算すると,遅くとも4月頃までには在外選挙人名簿登録申請を行う必要があります。未だ在外選挙人証をお持ちでない方は,この機会に是非在外選挙人名簿登録申請を行ってください。  

在外選挙: http://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/2011/april/20110406zaigai_senkyo.html

2 選挙権年齢の引き下げ  

公職選挙法の改正により,平成28年(2016年)6月19日以降実施される国政選挙から,投票に際しての選挙権年齢が現行の「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられます。現在20歳に達していなくても,満18歳以上(本年6月19日現在で満18歳となる方も含む。)で在外選挙人証をお持ちでない方は,現時点で在外選挙人名簿登録申請を行うことができます。  

選挙権年齢の引き下げ: http://www.vn.emb-japan.go.jp/document/pdf/nenrei_hikisage_flate.PDF