ベトナムにおけるジカウィルス感染例(2例)の確認

ベトナムにおけるジカウィルス感染例(2例)の確認

1 ベトナム保健省は,4月5日,ベトナム国内でのジカウィルス感染例2例(いずれも南部)が確認されたとして,同省ウェブサイト上で次のとおり発表しました。
 
(1)第1例
感染者はカインホア省ニャチャン市フオックホア町居住の64歳女性。3月26日に微熱・頭痛・目の充血・脚部発疹の症状が現れた。解熱剤を服用したが,効果は見られず,カインホア省の熱帯病病院を受診し,3月31日にニャチャン市のパスツール研究所における血液検査の結果,ジカウィルス感染の陽性反応が確認された。さらに,4月4日,ホーチミン市のパスツール研究所での血液検査結果により,中央衛生疫学研究所はジカウィルス感染の陽性反応を確認した。
 
(2)第2例
感染者はホーチミン市第2区タインミロイ町居住の33歳女性。3月29日に目の充血・発疹・倦怠感の症状が現れ,同日,ホーチミン市第2区のポリー診療所を受診した。3月31日及び4月1日に行った血液検査の結果,ジカウィルス感染の陽性反応が確認され,さらに,4月4日のサンプル検査の結果により,中央衛生疫学研究所はジカウィルス感染の陽性反応を確認した。
 
2 ジカウィルス感染症は,昨年来,中南米地域を中心に急激に感染が拡大しています。ベトナムで毎年感染・発症例が多数報告されているデング熱と同様,ジカウィルスの媒体であるネッタイシマカ,ヒトスジシマカに刺されることにより感染し,発症した場合デング熱と同様に発熱・発疹・目の充血・頭痛・関節痛等の症状が現れます(症状は比較的軽いとされています。)。また,現時点で因果関係は立証されていませんが,ジカウィルスとギランバレー症候群との関連及び妊婦のジカウイルス感染による胎児への影響(小頭症)が指摘されており,特に,妊娠中の方は十分な注意が必要です。
 
3 つきましては,以下のウェブサイト等を御参照の上,今後も関連情報の収集・感染予防に努めるなど,十分ご留意ください。
 
○海外安全ホームページ(感染症危険情報):http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2016T069#ad-image-0
 
○厚生労働省HP(ジカウイルス感染症について):http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109881.html
 
○WHO(世界保健機構)(英文):http://www.who.int/emergencies/zika-virus/situation-report/31-march-2016/en/