デング熱についての注意喚起

平成30年7月25日
在ホーチミン日本国総領事館

今般、ホーチミン在住の在留邦人の間で、デング熱感染が複数発生しているとの情報があります。通常、デング熱はウイルスを持っている「ネッタイシマカ」や「ヒトスジシマカ」(注:日本にも生息しています)などに刺されることで感染します。
デング熱に予防接種や予防薬はなく、蚊に刺されないことが最善の予防方法です。病状としては、2~14日(通常3~7日)の潜伏期間の後、およそ2-4割の人に38~40℃の発熱で発症し、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹が現れます。一般的に軽症ですみますが、場合によっては重症のデング出血熱と呼ばれる病態となり、死に至ることもあるため、注意が必要です。
つきましては、以下の点を参考に、蚊に刺されないよう予防措置に務めてください。また、急激な発熱(38~40度)、頭痛、関節痛など、デング熱が疑われる症状が発生した場合には、早期に医療機関に受診願います。
また、現在、夏休み期間中のため、本邦帰省中あるいは海外旅行中の邦人の皆様が、日本、又は海外の医療機関を受診する場合、適切な検査・診療を受けるために、必ず「ベトナムに滞在していた」事、及び「現地の在留邦人コミュニティでデング熱が発生している」ことを医療機関の方に明確に伝えることが重要です。
「デング熱予防のための注意事項」
○外出する際には長袖シャツ・長ズボンなどの着用により肌の露出を少なくし,肌の露出した部分には虫除けスプレー等を2~3時間おきに塗布する。
○室内においても,電気蚊取り器,蚊取り線香や殺虫剤,蚊帳(かや)等を効果的に使用する。
○規則正しい生活と十分な睡眠,栄養をとることで抵抗力をつける。
○突然の高熱や頭痛,関節痛や筋肉痛,発疹等が現れた場合には,デング熱を疑って,直ちに専門医師の診断を受ける。
○蚊の繁殖を防ぐために,タイヤ,バケツ,おもちゃ,ペットの餌皿等を屋外放置しない,植木の水受け等には砂を入れるなどの対策をとる。

<参考情報> 
  厚生労働省検疫所(FORTH) 感染症についての情報「デング熱」
  http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name33.html
  厚生労働省「デング熱について」
     https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html
  厚生労働省「デング熱に関するQ&A」
     https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever_qa.html
  国立感染症研究所 「デング熱」
  https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ta/dengue.html
    外務省 世界の医療事情(ベトナム)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/viet.html