海外安全対策情報(平成29年度第3四半期)

海外安全対策情報(平成29年度第3四半期)

海外安全対策情報
(平成29年度第3四半期(平成29年10月~12月))
平成30年1月5日
在ホーチミン日本国総領事館
1 社会・治安情勢
  公安当局によれば,2014年5月中旬に発生した反中デモ、2016年5月初旬に発生した魚大量死事件関連デモ以降,ホーチミン市及び周辺での大規模なデモ等の発生は確認されておらず,治安情勢に特段大きな問題はない。
  しかしながら,刻一刻と変化する世界情勢によっては,反中・反北朝鮮デモの発生、または反政府組織やイスラム過激派による各種テロが発生する可能性は否定できない。
デモ等に遭遇した場合には,速やかにその場を離れる等し、テロ被害に遭わないように人が集中する場所を避ける等の配意が必要である。
  また、ひったくり等の邦人被害が10月に急増しており、当館ホームページや外務省の海外安全情報等で最新情報を入手するとともに、貴重品管理には十分注意する必要がある。
   
2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向  
(1)以下の統計はホーチミン市統計局発行の「ホーチミン市社会経済状況」から抜粋。刑法犯発生は減少したが、刑法犯検挙件数・人員ともに増加している。
【刑法犯関係】(2016年11月16日~2017年11月16日実績)
  ア 刑法犯発生件数:4809件(昨年同期比-7.6%)
  イ 刑法犯検挙件数:3464件(検挙率72.03%)
  ウ 刑法犯検挙人員:3698人
【麻薬犯罪等】(2016年11月16日~2017年11月16日実績)
 ア 麻薬犯罪検挙件数:1407件
 イ 麻薬犯罪検挙人員:3160人
  ウ 売春宿摘発数:125件
  エ 売春斡旋等検挙人員:656人
  オ 賭博犯罪検挙件数:375件
  カ 賭博犯罪検挙人員:2483人
(2)邦人被害事案(ケ、以外は市内、当館認知件数:27件・ひったくり16件
 ア 10月上旬、タンソンニャット国際空港バス待合室において、邦人男性が置いていた旅券や現金、携帯電話機等在中のカバンを置き引きされた。
イ 10月上旬、3区のチャン・クオック・トアン通りにおいて、徒歩で通行中の在留邦人男性が、バイクに乗車した男から持っていた旅券等在中のポーチをひったくられた。
ウ 10月上旬、1区のホテル前路上において、徒歩で通行中の邦人女性が、持っていた旅券や現金等在中のカバンを、バイクに乗車していた者からひったくられ上、転倒させられた。
 エ 10月中旬、1区のチャン・ディン・スー通りのアパートにおいて、在留邦人男性が不在中に、現金や携帯電話等を窃取される空き巣に遭った。
 オ 10月中旬、1区のベンタイン市場付近において、徒歩で通行中の邦人男性が、旅券や現金等在中の財布を、ボディーバッグ内からスリ盗られた。
 カ 10月中旬、3区の路上においてタクシー待ちをしていた在留邦人男性が、バイクに乗車した男から持っていた旅券やノートパソコン等在中のカバンをひったくられた。
 キ 10月下旬、1区のホテルのロビーにおいて、邦人男性がソファー上に旅券、現金やiPhone等在中のカバンを置いたままフロントで手続中、何者かに置き引きされた。
 ク 10月下旬、1区のバックパッカー街において、徒歩で通行中の邦人男性が、バイクに乗車した2人組から、肩にかけていた現金等在中のカバンをひったくられた。
 ケ 10月下旬、ビンタイン区の路上において、タクシー待ちをしていた邦人女性が、バイクに乗車した者から斜め掛けしていた旅券や現金等在中のショルダーバッグをひったくられた。
 コ 10月下旬、1区のグエン・バン・タン通りにおいて、徒歩で通行中の邦人男性が、持っていた旅券や現金等在中のカバンを、バイクに乗車した者からひったくられた。
 サ 10月下旬、ホーチミン市内のホテルに帰宅途中の邦人男性が、旅券や現金等在中のカバンを、バイクに乗車した2人組にひったくられた。
 シ 10月下旬、ホーチミン市内の歩道上を徒歩で通行中の邦人女性が、バイクに乗車した者から旅券や現金等在中のかばんをひったくられた。
 ス 10月下旬、ホーチミン市内の路上において、邦人男性が同行者3名と徒歩で通行中、バイクに乗車した2人組から旅券や携帯電話在中のバッグをひったくられた。
 セ 10月下旬、1区のドンズー通りで立っていたところ、レインコートを着用してバイクに乗車した男から、現金、ノートパソコン等在中のカバンをひったくられた。
 ソ 10月下旬、5区の5つ星ホテル前において、邦人男性がバイクに乗車した2人組から旅券や現金等在中のカバンをひったくられた。
 タ 10月下旬、1区のタンディン市場付近において、徒歩で通行中の在留邦人男性が、旅券や現金等在中のカバンをバイクに乗車した者からひったくられた。
 チ 11月上旬、1区の5つ星ホテル付近の歩道上において、徒歩で通行中の邦人男性が現金やスマートフォン在中のたすき掛けをしていたカバンを、バイクに乗車した者にひったくられ、その際にカバンのひもが擦れて火傷を負った。
 ツ 11月上旬、1区のホテルで就寝中の邦人男性が、セーフティーボックス内に施錠して入れていた旅券、現金やカメラ等在中のカバンを窃取された。
 テ 11月上旬、ホーチミン市内をバイクで通行中の在留邦人男性が、持っていた旅券や現金等在中のカバンを、バイクに乗車した2人組からひったくられた。
 ト 11月上旬、1区のナム・キー・ホイ・ギア通りを徒歩で通行中の邦人男性が、何者かにショルダーバッグ内から現金や旅券等をスリ盗られた。
 ナ 11月中旬、ビンタイン区メーリン通りにおいて、在留邦人女性が夫婦で徒歩で通行中、バイクに乗車した2人組からカバンをひったくられそうになるも未遂に終わったが、転倒して頭部を7針縫う傷害を負わされる被害に遭った。
 ニ 11月中旬、1区の路上において徒歩で通行中の邦人女性が、現金や旅券等在中のカバンを、バイクに乗車した2人組からひったくられた。
 ヌ 11月下旬、ホーチミン市発カントー市行き長距離バスにおいて、邦人男性が旅券や現金等在中のセカンドバッグを置き引きされた。
 ネ 12月上旬、1区ドンコイ通りにおいて、邦人男性が高齢女性から旅券や現金等をカバン内からスリ盗られた。
 ノ 12月上旬、1区のベンタイン市場付近において、徒歩で通行中の邦人男性が、リュックサック内から何者かによって旅券を窃取された。
 ハ 12月中旬、1区のブイビエン通りにおいて、徒歩で通行中の邦人男性がリュックサック内から現金等在中の財布を何者かによって窃取された。
ヒ 12月下旬、タンソンニャット国際空港から1区所在のホテルまで移動中の車内において、配車アプリによって手配したウーバーとグラブの運転手により、財布内から現金を窃取された。 
(3)邦人以外の被害事案
ア 10月上旬、4区のベン・バン・ドン通りにおいて、路上で立ち話中の韓国人女性がバイクに乗車した男から、旅券や現金等在中のカバンをひったくられた。
イ 10月上旬、フーニュアン区のヘム(路地)において、タクシー待ちをしていたオーストラリア人男性が、バイクに乗車した男から、現金等在中のカバンをひったくられた。
ウ 10月中旬、6区のホテル前で徒歩で通行中の中国人男性が、バイクに乗車した男から、現金や携帯電話等在中のカバンをひったくられた。
エ 10月中旬、1区のレタントン通りで徒歩で通行中のマレーシア人男性が、バイクに乗車した男から、iPhoneや現金等在中のカバンをひったくられた。
オ 10月下旬、1区のホテル内のレストランにおいて、韓国人男性がテーブルに置いていた現金や携帯電話在中のカバンを置き引きされた。
カ 11月下旬、1区の路上において、徒歩で通行中のメキシコ人女性が、iPhoneをベトナム人男性にひったくられた。
3 テロ・爆弾事件発生状況
  事件の発生は認知していない。
4 誘拐・脅迫事件発生状況
  邦人に対する事件の発生は認知していない。
5 日本企業の安全に係わる諸問題
 日本企業の安全に関わる諸問題は認知していない。