キャッシュカードのスキミング被害発生の注意喚起

キャッシュカードのスキミング被害発生の注意喚起

●キャッシュカードのスキミング発生
本年1月,当地在留邦人が,ホーチミン市2区に設置の銀行ATMにおいて,使用したキャッシュカードを置き忘れた僅か数分間に,当該キャッシュカードをスキミングされ,翌日から2日間で同人の口座から複数回に亘ってATMから全額引き出されるという事件が発生しました。

被害者によると,置き忘れたキャッシュカードを,次に並んでいた女性から数分後に返却されたとのことから,発生状況から考えて,同女が容疑者である可能性があります。
また,当該ATMには,日頃から見慣れないカバンが置いてあったとの情報もありますので,当該カバン内に隠しカメラを仕掛けて,暗証番号を盗撮していた可能性もあります。

スキミングでは,店舗ではスキミング装置(スキマー)に客から預かったクレジットカードを通して情報を盗んだり,ATM等では携帯可能なスキミング装置(スキマー)に入手したキャッシュカードやデビットカード等を差し入れて情報を一瞬で盗み取ります。その後,偽造用の生カードと呼ばれているものにスキマーで盗んだ情報を記録させ,キャッシュカード,クレジットカードやデビットカードを偽造するというものです。
カード情報を盗むのと同時に,盗み見たり,隠しカメラで盗撮して暗証番号も同時に盗みます。

※ 日本のSuicaやPITAPAのような非接触型ICカードを,非接触型のスキマーを使ってカードに接近させて磁気情報を窃取するスキミングもあります。

スキミング被害を予防するために,
・ 信用できない店でのクレジットカード等の使用を控える
・ ATM周辺に置いてある不自然なカバン等があれば注意する(暗証番号盗撮)
・ 不審な装置が取り付けられているATMは利用しない(スキマー取付け等)
・ 周囲の人物に暗証番号を見られなようにする(周囲で待っている人物等)
・ 店舗内の防犯カメラからも暗証番号が見られないようにする
・ 暗証番号をメモ等で残さない(暗唱番号を書いたシールをカードに貼付する等)
・ 容易な暗証番号(1234,1111,誕生日等)を使用しない
等注意して下さい。