ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(続報)

●今般,ベトナム保健省からホーチミン市での新たな感染者に係る発表があり,ベトナム国内における新型コロナウイルスの陽性事例は計7名となりました。
●また,1月31日,ベトナム政府首相府は関係省庁及び地方政府に対し,新型コロナウイルスへの対応について,今後取るべき措置につき以下2のとおり指示しました。
●更に,同日,ベトナム保健省は,国民向けに感染防止のため以下3の勧告を発出しています。
●つきましては,邦人の皆様におかれては,以下3の保健省勧告とともに,日本の厚生労働省は以下4のとおり,マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めるよう注意を呼びかけておりますので御留意ください。
 
1 感染状況
ベトナム保健省の新たな感染者に係る発表要旨は以下のとおりです。
○2月1日,ホーチミン保健局は,米国から武漢空港経由でタンソンニャット空港に到着した73歳の米国籍者1名について,新型コロナウイルスに感染していることを発表した。これによりベトナム国内における新型コロナウイルスの陽性事例は計7名となった。
○患者は1月16日にホーチミン市に到着し,宿泊先ホテルでの咳の症状から,同31日に市内の熱帯病院を受診し,感染が確認された。
○患者が宿泊したホテルは,現地の「コロナウイルス迅速対応チーム」により消毒が行われ,従業員と宿泊客の計14名は,2月15日まで経過観察のため隔離措置が取られた。
 
2 ベトナム首相府から関係省庁への指示
(1)1月31日,ベトナム政府首相府は,ホームページにおいて,グエン・スアン・フック首相名で関係省庁及び地方政府への指示事項として,今後取るべき措置を公表しているところ,要旨以下のとおりです。
○全ての中国の感染地域を結ぶフライト運行を,首相が特別に決定するものを例外として一時的に停止する。
○中国に過去2週間滞在していた中国人を含む外国人旅行者への観光ビザ発給を一時的に停止する。
○首相が特別に許可したものを例外として,これから行う祭典は中止する。
○国民に公共の場でマスクを着用し,祭典の催しへ参加しないよう要請する。
 
(2)なお,上記指示を受けたものと考えられる以下の措置が,保健省ホームページ及び報道にて確認されています。
○新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため,ハノイ市は2月1日及び2日に全学校に消毒剤散布を実施することを発表(保健省HP)。
○中国全土向けの航空便に関し,ベトジェットは2月1日以降,ベトナム航空及びジェットスターは3日以降の便から,順次運行を停止(報道)。
○ベトナム政府は,新たな患者の発生を受けて,ベトナムを訪れようとする中国人観光客に対するビザの新規発給を停止(報道)。
 
3 ベトナム保健省の勧告
1月31日,保健省は,国民向けに以下の勧告を出しています。
(1)発熱,咳,息切れがある場合は旅行,出張を避ける。疑わしい症状がある場合は,直ちに診療所を受診し,旅行や出張の場合はスケジュールを医療従事者と共有する。
(2)発熱,咳のある人との接触を避ける。 目,鼻,口を手で触るのを避け,石鹸でよく手洗いする。
(3)咳やくしゃみをする時は,分泌液の飛沫を抑えるために,布やハンカチで,口や鼻を覆う。
(4)旅行中に症状がある場合は,すぐに航空,鉄道,自動車の担当者に通知し,早めに医療機関を受診する。
(5)調理済みの食品のみを使用する。
(6)公共の場や人前で無差別に吐き出さない。 家畜や野生動物との密接な接触を避ける。
(7)大勢の人々がいる場に行くとき,または症状のある人と接触するときは,マスクを着用する。
 
4 厚生労働省の国民向けメッセージ
 日本の厚生労働省は,同省ホームページにて以下のとおり国民向けに注意を呼びかけています。
○新型コロナウイルス感染症は,我が国において,現在,流行が認められている状況ではありません。国民の皆様におかれては,風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09267.html
 
(参考)
外務省(感染症広域情報)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C020.html
厚生労働省(新型コロナウイルス感染症について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html