日本に入国・再入国される皆さまへ(ベトナム人を含む外国籍の方)(11月8日更新)

2021/3/8
日本に入国・再入国される皆様へ
 
新型コロナウイルス感染症に関する水際対策強化に係る新たな措置について、ベトナムから日本に入国・再入国される外国人の方に関する措置は以下のとおりです。
 
(1)令和3年11月5日に新たな水際対策措置が決定されたことを受け、外国人の新規入国制限の緩和措置が実施されます。
同措置の対象者は、商用・就労目的の短期間の滞在者(3か月以下)、又は長期間の滞在者であり、入国のためには、受入責任者が業所管省庁から事前に審査を受け、審査済証の交付を受けるとともに、受入責任者が入国者の行動管理等に責任を持つことが必要です。
 当館における査証申請に際しては、通常の査証申請書類に加え、上記業所管省庁からの審査済証の写しを提出してください。
同措置の詳細・利用方法等については、以下をご確認ください。
 ●水際対策強化に係る新たな措置(19)について(厚生労働省HP)
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00318.html
 ●厚生労働省水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター
  受付番号:03-3595-2176
  受付時間:11月8日(月)から開始。9時から21時まで(土日含む)。
 
(2)「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置」等に基づくレジデンストラック及びビジネストラックの運用や、その他の「特段の事情」として入国が認められる場合などについては、以下の案内をご参照ください。
   ●国際的な人の往来再開による新規入国のための査証(ビザ)の申請(外務省HP)
   https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page22_003381.html
 
(3)日本への全ての入国者は、当分の間、出国前72時間以内の検査証明書を提出しなければならず、証明書を提出できない方は、検疫法に基づき日本への上陸が認められません。出発国において搭乗前に検査証明書を所持していない場合には、航空機への搭乗を拒否されます。
   上記に加え、全ての入国者は、当分の間、入国時に検査を実施されるほか、各種防疫事項への誓約等が求められます。詳細については厚生労働省HP(こちら)をご確認ください。
   なお、令和3年11月5日に新たな水際対策措置が決定されたことを受け、一部の入国者を対象として、本邦の受入責任者の管理の下で、ワクチン接種証明書保持者に対し、入国後最短で4日目以降の行動制限の見直しを認める措置が開始されます。
同措置の詳細・利用方法等については、以下をご確認ください。
●水際対策強化に係る新たな措置(19)について(厚生労働省HP)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00318.html
●厚生労働省水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター
受付番号:03-3595-2176
受付時間:11月8日(月)から開始。9時から21時まで(土日含む)。
 
   また、令和3年10月1日以降、入国時の検疫で、有効なワクチン接種証明書の「写し」を提出する方は、入国後14日間の待機期間の一部が短縮されます。
※ベトナム政府が発行する電子証明書に関しても、公式なものとして認められております。
この場合、日本国内の検疫所の取り扱いが異なる場合があります(指定するメールアドレスへスクリーンショットを提出する。またはプリンターへデータを送付する)ので、検疫所に御相談ください。
越政府が運営するワクチン接種電子証明書のサイト:https://tiemchungcovid19.gov.vn/portal/search
(ただし,ワクチン接種に関するデータ入力が遅れているため,2回接種されている方でも,反映までに時間がかかると聞いております。)
※入国後14日間の待機期間の一部を短縮するためには、入国後10日目以降に自主検査を受け、厚生労働省(入国者健康確認センター)に陰性の結果を届け出ることが必要です。詳細については厚生労働省HP(こちら)をご確認ください。
 
(参考情報)
●日本に帰国するために必要なPCR検査を受けることができる医療機関(当館HP)
 https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20210109PCR.html
●有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省HP)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html
 
(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
  日本国内から:0120-565-653
   海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省HP)  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html