新型コロナウイルス感染症(ホーチミン市内全域における最近の感染者数増加に伴う注意喚起)

2021/6/18
●これまで宗教施設で集団感染が発生し、それに起因すると思われる感染者の増加が続いています。
●邦人の皆様におかれましては,引き続きベトナム政府やお住まいの地域の当局が発表する情報に注意すると共に不要不急の外出を控える等、感染症対策に努めて下さい。
 
1 5月下旬より、ホーチミン市内の宗教施設において新型コロナウイルスの集団感染が発生し、その後もそれに起因すると思われる感染者の増加が続いています。
現在では市内全域で感染者が確認されており、また、ホーチミン市内においては6月29日0時までの首相指示第15号に基づく社会隔離が求められている状況です。
 
2 これまでのホーチミン市内における新規感染者の増加に伴い、隣接する省との往来を規制するなどの動きも出ており、今後も注意を要する状況となっていますので、当館としましても引き続き注視し、当局発表を含め追加情報などがありましたら速やかに領事メールなどでお知らせいたします。
 
3 当地の在留邦人の皆様及び当地を訪問中の邦人の皆様におかれましては、不要不急の外出を控え、こまめな手洗い・手指の消毒、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の確保、自宅やオフィスでの定期的な換気など、正しい知識に基づいた感染症対策に努め、引き続きベトナム政府やお住まいの地域の当局が発表する情報にご注意ください。