渡邊総領事のRead Japan Project図書寄贈式出席(オープン大学)

2021/11/24
写真
写真
11月24日、渡邊信裕在ホーチミン日本国総領事は、ホーチミン市オープン大学を訪問し、公益財団法人日本財団及び日本科学協会によるRead Japan Projectの寄贈式に出席したところ、概要は以下のとおりです。
 
1 オープン大学のハー学長(Dr.Nguyen Minh Ha)からは、同大学外国語学部に2007年に日本語学科が設立されて以降、毎年約120名の学生が日本語を学び、日本の大学、企業、団体及び政府関係機関等との様々な協力を通じて優秀な人材の育成を続けてきたこと、そのような人材の育成の取り組みの中で、今般の日本財団及び日本科学協会による図書の寄贈は、学生の学習や研究を助け、日本とベトナムの友好を深める有意義な事業である旨謝意を示すと共に、今後も日本語学科の教育に力を入れていきたい旨述べました。

2   渡邊総領事は、今般、オープン大学に、約120冊の図書が寄贈されることになったことに祝意を示しつつ、当地におけるコロナの状況が大学等教育機関に対しても、深刻な影響を与えた中、本プロジェクトは、コロナ禍における日本とベトナムの知的交流の促進に資するものであり、特に若い学生の皆さんに直接本をお届けできる、極めて有意義なプロジェクトである旨述べました。また、渡邊総領事は、22日から始まったチン首相の訪日に触れつつ、今後両国の協力関係が一層発展していく上で重要なことは若い世代の交流強化であり、今回寄贈された図書がきっかけとなり、学生がさらに日本に関心を持ち、将来実際に日本を訪問する機会が訪れることを希望する旨述べました。

【参考:Read Japan Project】
日本財団(及び本プロジェクト実施団体の日本科学協会)が、2008年から、海外のオピニオン・リーダーや知識層の現代日本に関する理解促進を目的に、日本に関する英文図書を、図書館を所有する海外の団体等に寄贈する「日本理解促進のための図書寄贈事業」(READ JAPAN PROJECT)を実施しており、過去10年間に全世界で1000か所以上の図書館に対して寄贈している。今般、ベトナム南部6校が寄贈を受けることが決定され、ホーチミン市オープン大学はその一つとなる。

https://www.facebook.com/consulategeneralofjapaninhochiminh
 
hutech